RSS
Admin
Archives

6うさ

6うさ親子とK・Rの日記です。

ぷーモ子 ファミリー

ぷーモ子

Author:ぷーモ子
ぷーモ子 (我がファミリーの総称)


   *ぷーモ子ファミリー*
ロップ:2007.8.13  (ママ)

モコ :2006.3.30  (パパ)


子粒 :2010.2.17  (お兄ちゃん)
 
子麦 :2010.2.17  (お姉ちゃん)

オム :2010.5.13  (妹)

すび :2010.5.13   (妹)

㊟:親子です

種類・ミックス



K (ぷこ) : 昭和生まれの女子
(ぷーモ子ファミリーのボス)

R(つむ) : 昭和生まれの女子
(ぷーモ子ファミリーのなまけもの)

種類 : 人間

6うさ日記
コメント ありがとうございます
Twitter
カテゴリ
6うさ カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
プコ
子粒と子麦の兄妹
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09
10
Category : 未分類
KとR


ロップこと 〝ぷーやん" と一緒に暮らすようになって、


可愛くて可愛くて、うさぎならではの可愛さにとりつかれ

自分たちでも自分たち自身の事を 「私達、うさぎきちがいだよね・・・」なんて言っていました。


そんな私達 「うさぎの魅力」 について、バカみたいに魅力を語る私達を


お客様でもあるmasyamamさんは、永遠と聞いてくださいました。







そんなある日、 「実は・・・・」


と  「 真写丸 」 君 をお迎えしたことを嬉しそうに教えて下さいました。


ぷーやんをみて、うさぎを好きになってくれたことがとっても嬉しくて、うさ友サンができたことが嬉しくて



2人で「キャーキャー」騒いでいました。






真写君が、3才を目前にして



昨日、お月さまに旅立ちました。 



アポもとらずに、masyamamさんのお宅に伺いました。







今にも ピョ――――ン と起き上がりそうな、とっても健やかなお顔でした。



「僕は、ママにとぉぉっても愛されて、幸せなんだよ!」と言っているようでした。


ママの腕の中でお月さまに向かったそうです。




正直、何をどう言ったらいいのかよくわかりません。


みんな誰でもいつかは、くる事なのですが、


私は、真写君を前にして、なでてあげるのが精一杯でした。


真写君って本当にイイ子!


何をどう言ったらいいのかよくわかりませんが、


真写君、ありがとう!


またすぐママのところに戻ってきてね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

先ほどはお世話になりました。
3歳目前ってまだ早すぎますよね。
これからなのに・・・
たくさん思い出を作ってってこれからなのよ。

あれだけラブラブだったママさんと真写丸くん
またきっと出会えますね。

No title

一度もお会いしたことは無いけれど
いつもブログを拝見させてもらってて・・・
ほんとうに驚きました。
いつかはお別れの日がくるのですが、まだまだ早すぎます。
真写ママさんのお気持ちを思うと涙が止まりません。
真写くんのご冥福を心よりお祈り致します。

まーずさんへ

昨日は、ありがとうございました。

何をどう言葉にしていいのかわかりませんでした。
真写君は、ママととってもステキなうさ生をすごしてました。
ちょっとお月さまに留学して、またママのところに帰ってきますよね。

みかんママさんへ

私達もあまりにも突然で、びっくりしてしまいました。
何が起こったのか、よくわからないかんじでした。
お月さまに留学して、ママのところにまた帰って来るんですよね!
みゅんみゅんが待っててくれてるのかなって思います。

No title

何がなんだか分からないままの出来事だったのでしょう。だけど、真写丸君は幸せだ。こんなに愛されていたんだもん。ちょっと・・いや、かなり早い旅立ちだったけれどきっと理由があったんだよ。でもそれは悲しい理由じゃなくてその先にまた会えるようにってことだから。

大丈夫、今はお月様にいる諸先輩方のありがた~いお話を聞いて勉強してまたママのところへ帰ってくるよ。

愛情いっぱいの写真たち・・・見ると涙が止まらない。また帰ってきてと願うばかりです。

よしむねママさんへ

私もそう思います。
何をどう言葉にしたらいいのかわかりませんが、
真写君はママが大好きで、ママは真写君が大好き。
とっても幸せなことですよね。
またママのもとへ帰ってきますよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。