RSS
Admin
Archives

6うさ

6うさ親子とK・Rの日記です。

ぷーモ子 ファミリー

ぷーモ子

Author:ぷーモ子
ぷーモ子 (我がファミリーの総称)


   *ぷーモ子ファミリー*
ロップ:2007.8.13  (ママ)

モコ :2006.3.30  (パパ)


子粒 :2010.2.17  (お兄ちゃん)
 
子麦 :2010.2.17  (お姉ちゃん)

オム :2010.5.13  (妹)

すび :2010.5.13   (妹)

㊟:親子です

種類・ミックス



K (ぷこ) : 昭和生まれの女子
(ぷーモ子ファミリーのボス)

R(つむ) : 昭和生まれの女子
(ぷーモ子ファミリーのなまけもの)

種類 : 人間

6うさ日記
コメント ありがとうございます
Twitter
カテゴリ
6うさ カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
リンク
プコ
子粒と子麦の兄妹
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10
15
Category : 未分類
2日目午後です。

アンコールワットに到着
じゃじゃーん。
DSC00958_convert_20121010141531.jpg
アンコール・ワットは、アンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築です。
サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味するそう。
大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれているそうです。


ハートの木
DSC00972_convert_20121010141801.jpg
私達は、スケジュールの関係で登らなかったのですが
この上の方は、第三回廊。
DSC01003_convert_20121010145712.jpg
以前はこの階段を上って第三回廊に観光客が登って行ったそうです。
この中央塔は「神の住む場所」といわれ、その頂上に辿り着くには斜度65度もある階段を登らなけば・・・
怖すぎます・・・1段の幅も狭いのです。

人間小さいよ~

DSC00991_convert_20121010141943.jpg

写真を撮るのに1$です。
DSC01006_convert_20121010142155.jpg


観光客が触りすぎて、テカテカになってしまっています。
私が行った時は、触れないよう措置がとられていました。
DSC01036_convert_20121010145228.jpg

アンコールワットを後にし、バスに向かうと・・

1$だから買って。
DSC01047_convert_20121010145952.jpg

こんな小さい子まで・・
DSC01048_convert_20121010150652.jpg

ごめんねっと思いつつ、アンコールワットを後にし次の目的地に。

プレループで、夕日鑑賞!
ここで夕日鑑賞をするのが人気のコ―スのようです。


ここでも小さい子供が「買って、お願い買って」と・・・
DSC01050_convert_20121010150830.jpg


・・・・あら?
雨が・・・
DSC01056_convert_20121010151304.jpg

この寺院は961年に建てられ、プレ・ループとは死体を返すと言う意味で、中央伽藍の中段に死者を荼毘に付した石槽あります。
ここでは火葬の儀式が行われていたそう。




ザ―ザ―です。
DSC01061_convert_20121011134132.jpg

・・・・降りるのとっても怖いのですが・・・


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

その階段は怖いですね。
上がっていいものなら上がっちゃうけど、雨なら無理かも。

koumeさんへ

怖かったですよ~
現地の方は、スイスイ登り降りしてました・・・
スニーカーでないと危険です~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。